2018年04月01日

高橋優というシンガーソングライターが見る世界は優しい

不思議な縁で高橋優さん(以下あえて敬称略で書かせていただきます)の音楽にどっぷりはまっている。細かなきっかけは省略するとして、彼の音楽を「購入しよう」と思ったのは、関ジャムという音楽紹介番組で作詞家のいしわたり淳治さんが『ルポルタージュ』を紹介した映像を観たからだった。わたしはその数日前に友人(の息子氏)から、これまでの作品を七枚ほど同時に借りていたので、数あるJPOPの中から「今年発表された名曲10選」として、彼の新曲がラインクインしていたことにとても驚いたし、同時に何故か我が事のように嬉しかった。

いしわたり氏は『ルポルタージュ』のことをこのように表現した。

「彼はやさしい歌と激しい歌がまったく並列で同居している珍しいタイプにシンガー。この歌は、彼の激しいサイドの曲。物凄い筆圧で、綺麗な心で、汚い言葉を書いている感じがします。」




全体を黒で塗り潰したようなMVの中に、ドラマの最後にお決まりのように足される文言が、挑戦的に映し出されるAメロ、Bメロ。そして駆け上がるようにサビへと突入し、がなり上げるようにして彼は汚い言葉を顔を歪めながら叩き付ける。その勢いに圧倒されたわたしは、借りた作品に加えるべく『ルポルタージュ』を迷わず購入した。

過去の曲を聴き込むにつれ、『ルポルタージュ』を聴いているだけでは分からない、高橋優が見ている世界や人間という生き物の有様、高橋優が世界や人間に対して何に憤りを覚え、絶望しているのかについて考えるようになった。例えば彼に限らず、社会や世界に向けて呪詛を吐く歌を歌う歌手は大勢いる。社会の不平等、人の醜さや汚さについて突き付ける言葉を吐いてくる。

くたびれた顔で 電車の中揺られてる人を見た
勇気振り絞って 席をゆずってみた
「大丈夫」ですと 怪訝そうに断られたそのあと
きまり悪そうに 一人分空いたまんまのシート(『明日はきっといい日になる』)

ともわれ外交や戦争の話題よりも外タレやアイドルが話題の中心をかっさらうこの国で
汚れる汚染水の数値より好きなミュージシャンのニコ生の閲覧数の方が気になるこの国で(『BE RIGHT』)

「別にいじめたくていじめていたわけじゃないけど、やらなきゃ今度は僕がやられる気がしたんだ」と
泣きながら語る少年に全てを擦り付け あげ足とりたがりのチャンネルが正義を語る(『素晴らしき日常』)


一面ではそれは正しいし、そういう歌を歌ってもらえることで自分の中の妬みやそねみが消化される人もいるかもしれない。だが、わたしはそこにエクスキューズとアンサーの関係を見たい。「不条理な世の中をぶっ壊せ」はアンサーのようでいて非現実的な提案であるように思う。理由は実際にぶっ壊せなどしないからである。「不条理な世の中を作っている政府へNOを突き付けるために選挙に行け」はある意味でアンサーかもしれない。だが高橋優は政治性からは程遠いところから、ただひとつの答えとして「そんな世界をただ生き抜け」と訴える。訴え続けている。

悲観したってしなくたって光なら射すよ 誰にでも そうさ
愛し合っていけるさ 良くも悪くも時代は変わるよ
(略)
今日を迎えられて本当良かったと、心から言えるときが来るだろう
それが30年後の未来でも 30秒後の未来でも
(略)
楽観したっていいさ不安のほとんどが取り越し苦労よ…いつだって
愛し合っていけるさ 何が起こったって過ぎ去りゃ昨日よ(『BE RIGHT』)

失望することばかりさ 希望を持って生きていれば
でも通じ合っているような気がする この一瞬を
愛して ただ愛して 生きてゆけるのなら
きっと明日は素晴らしい
(略)
間違いだらけでいいじゃないか 街が腐りきってていいじゃないか
そこから覗いてる景色は天国にも地獄にも変えられるよ
まだ笑うことはできるかい? まだ歩くことはできるかい?
その通じ合っているような気がする人を連れて
愛し合う人の間から生まれてきた
僕らの明日が待ってる きっと世界は素晴らしい(『素晴らしき日常』)

キレるよ少年も 無垢な瞳も淀んでゆくよ バカ社会に
セクハラ先生 暴力ママが高らかに笑う
それでも生き抜いて ただ生き抜いて 混沌の時代を生き抜いて
“素敵な未来(あす)”を自らの手の平に見出して
「生まれて良かった」って笑える日まで(『こどものうた』)

大した事ないさ 何もかも順風満帆だ これくらいがどうしたと大きく声を張れ
大した事ないさ 何もかも順風満帆だ これくらいがどうしたと大きく生きてゆけ
さあ胸を張れ 生きていけ(『リーマンズロック』)

愛しき人よ どうか君に幸あれ
たとえ明日を見失っても 明けぬ夜はないさ(『陽はまた昇る』)

愛し続けられるものが一個でもあれば踏み出せるよ
そうだ僕らは今日も生きている
生きていくための術を身につけていく
倒されてく そして起き上がるたび強くなる(『Cockroach』)


小説でも歌詞でも、書き手が世界や人をどう見ているのかが垣間見える瞬間というのがある。その意味で彼の歌詞からは、どんなにクソだと罵ろうが最後の一線のところで「くだらねぇししょうもねぇしクソだけど、世界も人間も捨てたものじゃない、と思おう」という聴き手への強烈なメッセージが感じられる。彼の歌詞の中に登場する人物は皆、暗闇の中にいる。けれどそこは完全なる闇ではない。いつも、遠くにだけど一差しだけ光が射している。その光に望みを託している人の歌詞だなぁと思う。人間のくだらなかったりどうしようもないことを歌いながら、でもそんな奴らばかりじゃないと歌える高橋優からは、世界や人間を優しく見ようとする姿勢を感じられる。

「人は醜い そして愛しい」
「君がいる限り この世界は素晴らしい」

人間の嫌な部分の切り取り方に容赦がないから、それだけを聴いてると脳味噌が内側から爛れてくるし、内臓が内側からぐあっと燃える。のに、「そして愛しい」と歌う彼の歌を聴いていると、遠くに射す陽が見える。「だけど愛しい」じゃない、「そして愛しい」。「醜さ」と「愛しさ」が同居しているのが人間だと、彼は歌う。そうか捨てたものじゃないか、絶望してても生きていれば明日は来るのか、と思える。そういう歌を歌う高橋優のことがわたしはとても好きだ。そういう歌をこれからも歌っていって欲しい。

なお、これを書くにあたり、ベストアルバムの歌詞カードを初めて開いて読んでみた。
「「光を探すのではなく、自分が照らす闇を探したい」とTwitterでつぶやきました。」
書いた後に読んだのだけれども、あながち間違っていなかった、とほくそ笑んでいることをここに追記いたします。
posted by kousa at 14:18| art

2016年06月17日

個展のお知らせ

松山朋未さんから個展のお知らせをいただきました。
「Amy Kawauchi」http://tomomimatsuyama.sub.jp/
詳細は上記サイトでご確認ください。
posted by kousa at 22:06| art

2016年05月22日

「わたしのマーガレット展」

松坂屋美術館で開催中の「わたしのマーガレット展」に行ってきました。
東京の森アーツを皮切りに、全国を巡回したこの展覧会、名古屋が最後となります。
http://my-margaret.jp/

子ども時代に少女雑誌を読まないで育った人はそれほどいないのではないかと思います。
今は大分種類も減ってしまいましたが、
私の子ども時代はまだ雑誌が元気でしたので、
多種多様の少女雑誌が各社より発行されていました。
同じ少女雑誌にも雑誌の色というのがあって、
子どもたちは好きな雑誌を選んで読み、
それは「なかよし派」「りぼん派」といったような派閥も作られていきました。
今はどうか分かりませんが、
私が子どもだった時、少女雑誌は年齢によって読み分けがなされていたので、
「なかよし」「りぼん」を卒業すると、
「マーガレット」「別冊少女コミック」「花とゆめ」「LALA」あたりに進んでいくのが定番でした。
実は私はあまり「マーガレット」は読んでいなくて、
特定の作品だけを追っていたのですが、
それでも今回の美術展では、作品も作家も知っているものばかりで、
当時の「マーガレット」がいかに子どもたちに広く愛されていたのかが分かります。

展示の仕方やテーマなどは先にあげたHPで見ていただくとして、
何より伝えたいのは、原画の美しさです。
図録も買いましたが、やはり原画の美しさには遠く及びません。
おそらく森アーツで開催した時よりは客の数も多くないはずなので、
(名古屋でも一ヶ月と会期が長かったのも影響していると思います)
ゆったりとその美しさを堪能出来ます。
名古屋近郊の方はこの機会に是非、少女漫画の美しさを楽しんでみてください。

会場を出られたら、企画展のグッズも充実しています。
売り切れてしまった商品もかなりあるようですが、
それでとも充分目にも楽しいグッズが並んでいました。
今週末5/28(土)まで。

posted by kousa at 10:04| art